運転が好きならばタクシー運転手になりましょう

魅力的な仕事になります

タクシー運転手と言うのはそこそこ接客が好きであり、運転は大好き、というのであればあまり苦にならない仕事です。いくつか極端に大変なこともありますが仕事内容としては運転をして、人を目的のところに連れて行く、ということですから、そこまで極端に難しいというわけではないのです。もちろん、これは運転ができる人に限ります。得意であったほうがよいでしょう。また、資格としては二種免許と言うのが必要になってくるようになっています。

タクシーとはいくら稼げるのか

どんな商売でもそうですが、平均はわかるとしても個々人でいくら稼ぐことができるのか、というのは不明です。それはタクシーにも言えることになりますから、何ともいえない側面があるのですが、それでも一日で3万円から6万円程度がアベレージとなるでしょう。かなり幅が広いと見えるでしょうが、これは仕方ないことでもあるのです。しかし、歩合の仕事になりますから個人の努力で十分に稼げる道があるのは確かであるといえるでしょう。

個人タクシーになりましょう

基本的に取り分は半分が相場です。つまりは、6万円稼いだとしても3万円は会社に行くことになります。これは車の経費、整備などをしているからこそですし、そもそも営業免許は会社にあるのですからピンハネとはいいませんが取り分として会社に出すのは当然といえます。では、これを丸々自分の物にするためにはどうすればよいのか、といいますと個人タクシーになることです。色々と大変なことはありますが最終的にはそれを目指しましょう。

役員運転手はただの運転手ではなく、担当する役員の方が移動中でも快適に経営に関する業務ができるように気を配らなければなりませんが、その分とても魅力のある仕事でもあります。